update2018.06.22

TOPICS

夏のインフィオラータ2018

日時 6/22(金)~8/19(日)
場所 マロニエゲート銀座1/1F エントランス及び各階
日本の涼を立体花絵で演出
夏の暑さの中、涼やかな朝顔や、優雅に泳ぐ金魚、竹細工等で日本の涼を立体花絵で演出します。

花で作られた金魚や水の波紋など、涼やかなで爽やかで、どこか懐かしい気分となります。

今回も世界を代表する花絵師 藤川靖彦氏がプロデュース。

どうぞ、この機会に夏のインフィオラータをご覧ください。
インフィオラータとは
イタリア語で『花をまく』という意味の、400年以上続くイベントです。路面等をキャンバスに見立て、花びらや草木、種等といった自然のものを素材に描く大きな花絵のことで、イタリアやスペインを中心に世界各国で現在も盛大に行われています。
1Fメインエントランス
館内・館外装飾
花絵師 藤川靖彦氏 プロフィール
藤川靖彦 YASU FUJIKAWA
花絵師/エフェメラル・アーティスト

大地をキャンバスに花びらで描く花絵「インフィオラータ」の日本の第一人者で、現在まで15年間に国内外250ヶ所以上で作品を創作・プロデュースし、年間100万人以上の集客をはかるアートイベントへと育て上げた。近年は海外で歌舞伎絵を花で再現する「花歌舞伎」の創作活動を積極的に行っており、世界各地から創作の依頼が殺到している。スペインでの創作を、テレビ番組「情熱大陸」が密着取材を行い大反響を呼んだ。ローマ法王やベトナム共産党書記長等、世界のVIPに捧げる作品も創作する。
株式会社インフィオラータ・アソシエイツ 代表取締役社長
一般社団法人花絵文化協会 代表理事
エンジン01文化戦略会議会員
エフェラメル・アート国際連盟理事

花絵師 藤川靖彦氏
前回の様子